神戸ゆう税理士事務所の税理士変更事例1 神戸ゆう税理士事務所の税理士変更事例2 神戸ゆう税理士事務所の税理士変更事例3

HOME | 税理士変更をお考えの方

税理士の変更をお考えの方へ

 

成長期を迎えて経営を加速させたい。
衰退期に新規事業を重ね成長を加速させたい。
近年は事業のライフサイクルが短く
経営者は一歩先を常に考え備える必要があります。
今の経営のパートナー・右腕である税理士は 希望に叶っていますか?

税理士の選び方(変更編)

税理士事務所を変える3つの理由

 
  変更を考える理由TOP3
 
① 提案がない(申告しかしてくれない)
② 試算表しかくれない(資金調達向けの試算表がない)
③ レスポンスが遅い(会えない・返事がこない)

 
 上記は、東京に本社のあるコンサルティング会社が税理士変更を考えている経営者に行なったアンケート結果です。
  この中に料金が高いという理由がありません。(5位くらいでした)おそらく事業規模も大きくなり一般的な税理士の顧問料の範囲内ではコスト面より、対価のウエイトが大きくはないからかもしれません。
 一定規模・レベルになると金額よりもサービス内容。自分が望むサービスや質を求めていると言えると思います。
 

経営者は孤独な存在

経営者は孤独です。
社内に信頼できるスタッフがいてもサラリーマンです。業務について満足することはできても、経営全般の話にもなると相談しにくい・理解してもらえない事はたくさんあります。
 
経営者と従業員、雇う側と雇われる側
立場が違えば、物事の角度や捉え方を一致させることが難しいのは当然なのかもしれません。
 
独り会社の業績とスタッフ、その家族を頭に思い浮かべて経営の舵取りをどうするか考えています。
 
そんな中、身近な存在が税理士事務所です。
会計や税務だけではなく、資金調達や売上や経費の削減案、そこから始まる雇用や出店計画の是非など、聞いてほしい・意見がほしいそう思う時があると思います。
 
そんな時「声を聞いてもらえない」と感じる経営者が税理士事務所の変更を考える傾向があるように感じます。
 

 税理士の役割が変わる時

税理士事務所への不満は相対的なバランスが変わったからかもしれません。
会社がレベルアップし次のステージへ上がったことで税理士へ求めるモノが違ってくる場合があります。
 
創業期
(社内の状況)
・社長が先頭に立ち営業・業務・経理全般を行う
・トップでありプレーヤー
(税理士事務所に求める業務)
・税務申告
・記帳、給与計算
 
創業期の税理士事務所選びは事業の継続を第一に、業務のサポート・代行を望む割合が多い
創業期は税理士事務所に仕事を任せたい
 
成長期
(社内の状況)
・従業員を雇用し組織になる
・社長は経営に専念
(税理士事務所に求める業務)
・試算表をどう読めばいいのだろうか?
・自分の会社は業界の平均から見てどうなのだろうか?
・業績改善に何を取り組めばいいのだろうか?
・融資は今の状況だと条件的にどうなるのだろうか?
・利益が残る従業員数・店舗出店は?
 
 成長期の税理士事務所には、現状の数字の読み方、将来を見据えた経営状況の客観的視点を求める割合が多い
成長期は税理士事務所に知りたいことを教えてもらいたい
 
 
最近税理士さんの対応が悪い
 「最初は税理士さんは親切で頼りになっていたのに、最近はなんだかそっけない」そんな相談を受けることがあります。そんな時、
税理士事務所の対応が変わって満足度が下がったのではなく、
税理士事務所に求める業務(質・内容)が変わったからなのかもしれません。
 とお伝えしています。
 

求める業務に応えられる税理士事務所とは?

経営の万屋である税理士事務所。税務の専門家であると知りながら、法務や社会保険、保険、融資、補助金・助成金、雇用、ITと何でも相談してしまうものです。その全てを解決できる税理士事務所を探すのは現実的ではありません。ではどんな税理士事務所がいいのでしょうか?
税理士事務所には提携しているパートナーや専門家がいます。弁護士、司法書士、社会保険労務士、、中小企業診断士、行政書士、FP、IT技術者などです。パートナー・ネットワークを持っているかを確認すると事務所を通じてサポートしてもらえるサービスを確認できるはずです。
税理士事務所は浅く広い知識を持ち、対応できる範疇を超える部分があれば、税理士事務所を窓口に各種専門家に繋いでもらう。そんな税理士事務所だったら末長くお付き合いが継続すると思います。

 

税理士変更のまとめ

本当は、長く付き合ってきた税理士事務所と付き合い続けられるのであればそれが一番いいと思います。ですが、創業期の資金繰りが厳しい時に、将来を見越して幅広く対応してくれる税理士事務所と契約するよりも、費用面で安い税理士事務所と契約していたとしても、それは仕方ないと思います。
 
税理士の変更は、一昔前・先生業と言われたにはお客さま側に何か問題があって税理士側から断られたイメージを持たれる時代もありました。
今は、サービス業として、お客様が税理士事務所を選ぶことが普通になっています。顧問税理士を変えることに何の疾しさを持つ必要もありません。
それどころか、自社が成長し、今の税理士さんでは役不足になった。次のステージへ共に進めるパートナーを探したいと前向きなイメージが強いです。
 
長くお付き合いできると思える税理士事務所を選びましょう。
 
納得できる事務所を見つける事が大切です。
多少時間をかけてでも、一軒でも多くの税理士事務所へ訪れ、実際の試算表を見せ、経営相談を通じて対応を感じながら、判断する事が望ましいです。
 
 
 

有料相談(実質無料相談)のご案内

ゆう税理士事務所では税理士による有料相談を行なっております。
実際の試算表をお持ちいただき、「顧問税理士以外の意見を聞きたい」「専門的なアドバイスが欲しい」という方に人気のサービスとなっております。
 
顧問契約を締結されますと相談料を初回の顧問料から値引きという形で実質的に無料相談になるようになっています。
 

 
 
神戸市中央区ゆう税理士事務所 法人設立・創業・開業は神戸の税理士へ 有料相談(神戸の税理士ゆう税理士事務所) メディア営業希望(神戸の税理士ゆう税理士事務所) 会社設立パック(神戸の税理士ゆう税理士事務所) アクセス(神戸の税理士ゆう税理士事務所)